読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

会社勤めのメリットもあるけれど、自由に生きるメリットの方が多い。

 

今回は会社を辞めた私の現在の状況を紹介しよかと思います。

 

いまの私の状況というと、

 

 家族:夫婦二人(子供おらず)

 家 :数年前に中古マンションを購入、ローン残有り

 貯蓄:クラウン(車)を現金で買えるぐらい

 妻 :派遣社員で勤務、年収250万ぐらい

 失業手当:今年9月まで

 仕事:まったく未定

 

 

ということでかれこれ10ヶ月ほどはまったく仕事してません。

 

会社に長年勤めてて35歳も過ぎていればアルバイトしてるよりよほど良い失業手当が一年近く貰えますので、その間は語学留学してみたり、国内・海外問わず旅行してみたり、旧友に会いまくったり、趣味に没頭したりと会社を辞める前に書いた"やりたいことリスト"をみながら淡々とクリアーして楽しんでます。

 

 

しかし、正直なところサラリーマンとして働いて愚痴ってた方が精神的に楽でした。これは間違いないです。

 

 

会社勤めはストレスもたまりますし時間を拘束されていますが「毎月ほっといても給料が入ってくる」ということがどれだけ精神的に楽かは辞めないと気がつきません。

 

また、毎日家族に働けと罵られ、ハローワークで地縛霊背負って病んだ人達の顔を見て、毎月貯金が減っていくのを見て、仕事と休日という「オン・オフが無い生活」というのはかなりメンタルにガツンとくるのでそれなりの覚悟が必要です。

 

 

それでも私は会社勤めは少しでも早く辞めて自分と向き合うことを勧めます。

 

 

平日に格安航空券をつかって南の島で朝から海辺でビールを飲めば「なんて人生無駄にしてきたんだ」と後悔すること間違い無しです!

 

そもそも、60~70歳で自由になったって健康上の都合で旅も出来ず、酒も飲めず、家族も居なくなってるかもしれません。そんな老後のために今やるべき事はわかるはず、後は行動のみです。

 

 

名刺と名刺のお付き合いよりも、旅先のゲストハウスで知り合った仲間の方が絶対将来役に立ちます!

 

 

 

 

でわでわ。