読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

フィリピン人の英語はなまっているのか?

 

 

インターネットを経由してフィリピン人とSkypeで英語のお勉強をする英語教室が流行っていますが『フィリピン人の英語はなまっているのでちょっとね・・・』というコメントを見かけることが度々あります。

 

しかし、私がセブ島に英語留学した時に聞いたのは、セブ島では中学生ぐらいから学校の授業はほぼ英語で行われていて、タガログ語と英語はネイティブだそうです。

 

ということはフィリピン人の英語は、なまってるんじゃなくてフィリピン英語という方言だと考えるほうが自然ではないでしょうか?

 

 

よくいう「イギリス英語」「アメリカ英語」「オーストラリア英語」と同じでなのに、先進国の人が喋ってるのは「ネイティブ」、新興国の人が喋ってるのは『なまり』と言うなんてちょっとした偏見のように思えます。

 

 

アメリカで英語を覚えたってイギリスに行けば「なまっててわかんねーよ」と馬鹿にされるんですからインド英語だって、フィリピン英語だって、マレーシア英語だって全部ただしい『英語』です。

 

学生時代、海外に行ったことが無い英語の先生に教えてもらった英語を覚えるよりよりよっぽど良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

でわでわ。

 

PS.そもそも文句言えるほど喋れるのか!?って気もしますが・・・。