kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

SNSは世界規模の井戸端会議?

 

インターネットもメールも無い私が子供の頃、よく家の前でおばちゃん達が集まって近所の噂話しをしていたのを覚えています、いわゆる井戸端会議ですね。

 

 

この井戸端会議って匿名掲示板とかSNSによく似ている気がします。

 

井戸端に集まったおばちゃん達の間で隠し事は不可能。

昨夜のお勤めすら知られてしまうニッチな世界で、根も葉もない噂話しは光の速さで広まり誰もが知ってる事実となり、一度でも嫌われ者になると家族もろとも引越を余儀なくされる恐ろしい世界・・・。

 

SNSも同様、インターネットという場に性別・世代関係なく集まったネット住民が匿名を良いことに好き放題。一度曝されたら最後、その情報は墓場まで持っていくこととなり、会社はクビに、転職も大変、家族にも大迷惑な恐ろしい世界・・・。

 

なんか似てませんか?

 

 

昨今、インターネットでの個人情報保護とか色々難しいこと言ってますが、そんなのインターネットが無い時代でも時間さえあれば探偵じゃなくたって調べられたことであって、インターネットが原因で情報が広まるわけではありません。

 

原因は人です、おばちゃんです、ネット住民です。

 

もし、個人情報を保護したいと思うならば、大切なのは井戸端やインターネットを規制することではなく「悪目立ちして嫌われない」ことではないかと思う今日この頃です。

 

長いものに巻かれててもつまんない人生ですけどね・・・・。

 

 

 

 

 

でわでわ。