kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

解決策が無ければ発言してはいけないのか?

 

会議で「それは間違ってるのでは??」と思っていても上司が意気揚々と喋っているところで発言するのは勇気が要るものです。

 

しかも、それを指摘したり何か方向修正しようとすると決まって問われるのが『じゃぁ君はどうしたらいいと思う』という返事が返ってきたりします。

 

 

しかも、どんなデータに基づいているのか、根拠(エビデンス)はなんだ、などなど発言したからにはすぐにでもプレゼンを始め最善案を提示しなければいけないような雰囲気の返しがきたりしますが、これはどう考えてもおかしいと思います。

 

これは以前にエントリーした「派遣社員に業務改善を求める正社員は必要ない」と同様に自分の仕事をすべて相手にゆだねる『自分の存在価値を自ら捨てる』行為であり、こんな質問に真面目に答える必要はまったくないのです。

 

もちろん時と場合によりますが、問題点に気がついたなら、あなたが発言するべきは間違っていると思う根拠までで十分。もしも「じゃぁどうしたらいい?」と言われた「それを考えるためにここに集まってるんでしょ?」と返すだけいいのです。

 

 

 

 

 

でわでわ。