読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

町内会の必要性 - 町内会費について

 

引き続き町内会の不必要性について、今回は町内会費です。

 

 

今回はよく聞く「町内会費を払わないとゴミを捨てられないというし、防犯灯(街灯)の電気代は町内会費でまかなわれているし」と言われているのが本当かどうか確認したいと思います。

 

 

まず住人から集める町内会費について、前回のエントリーのような公民会改修費用とは別にして概ね年間3000円から4000円、多いところだと6000円ほどでしょうか。

 

仮に私が属している自治区の町内会費が年間3600円で2500世帯だとしたら、町内会費は年間で900万円です、すごい金額ですね。

 

 

収入はこれだけではありません、国からの助成金があります。

 

たとえば福岡市では「福岡市活力あるまちづくり支援事業補助金」というのがあって下記の事業に多くの助成金が支払われます。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 (1) 安全・安心に関する事業(交通安全,防災及び防犯)

 (2) 子どもに関する事業(子どもの健全育成・非行防止)

 (3) 環境に関する事業(環境美化及びごみ減量・リサイクル推進)

 (4) 健康に関する事業(健康づくり及び集団献血)

 (5) スポーツに関する事業(スポーツ・レクリエーション)

 (6) 男女共同参画に関する事業

 (7) その他地域の活性化や課題解決につながる事業

----------------------------------------------------------------------------------------

 

2500人規模の町内会(自治体)であれば年間270万円の助成金が支払われているよと思います。(※いろんな団体&助成金制度があるので全部しらべられません・・・)

 

なるほど、これなら青いパトランプがついた軽自動車も助成金で買えますし、ソフトボール大会をやれば助成金で酒が飲めますし、資源ゴミを集めて売れば助成金を貰えますね。

 

 

 

また、これとは別に道路照明灯の設置及び補助事業というのがあり、防犯灯(街灯)の新設・移設・撤去はもちろん電気代も補助が出ています。

 

100Wの電球で2200円/月が支給されるそうですが、そんなに電気代かかりますか?

私の家なんて月の電気代が10000円超えてないんですから、これなら逆に利益がでるのでは???

 

補助金以外にも資源ゴミの販売利益、バザーでの収益、公民館の貸し出し費用などもありますのでかなりの資金をもっていることは間違いありません。

 

 

では最初のゴミ捨てや電気代を町内会が負担しているかという問いの答えはおわかりのとおり完全に「NO」です、これらに町内会費は一切必要としていません。

 

日常のゴミは市が税金で回収してくれますし(そもそも一袋45円(福岡市の場合)払ってますし)、町内会は資源ゴミだけ集めて売ってるんですから人経費をとらなきゃ利益がでてるんですから町内会費を払わなければゴミが出せないなんて嘘です。

もちろん、電灯だって助成金でまかなえます。

 

 

では町内会費は何に使われているのでしょう?

それは助成金の対象とならない人件費、活動費、食料費、その他ではないでしょうか。

 

 

 

町内会、自治体は本当に必要でしょうか?

 

行政の下請け的なことをしてるいるでしょうか?

 

そんな活動にあなたはお金を払えますか?

 

 

 

 

 

 

<情報ソース>

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/32647/1/katuryokuyoukou.pdf

http://www.city.fukuoka.lg.jp/doro-gesuido/doroiji/hp/lighting.html

 

 

 

 

(※ちなみに組長手当は年間500円です)

 

でわでわ。