読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

働いてない奴はクズだなんて言われても困りますが・・・

 

このブログでも何回か書いてますが、世間では働いていないということだけで人をゴミのように思っている人が多いことに本当に驚かされます。

 

それが親の遺産で食うに困らなくても、自分で稼いだお金だとしても、宝くじで当たったとしても、少ない収入でも自分の時間を大切にしていたとしても、一様にして『働いてない奴』くくりで駄目人間として扱いされちゃうんですよね。

 

その理由はとても単純で「嫉妬」ではないでしょうか。

 

 

 

アメリカで隣人が立ち上げた事業が大当たりして儲けたら「頑張ったね!凄いね!私もがんばろう!」と励まし励まされるが、日本人は嫉妬し、近隣では悪いうわさ話しを立ち上げて仲間はずれにする、なんて例え話は良くききますが確かにアジア人、特に日本に多い傾向かもしれません。

 

以前エントリーした「都会こそ人間味にあふれていて、田舎こそ人間味が無い」にも似たようなことを書きましたが、小さく貧しい島国の中のさらに小さい村コミュニティーが築いた精神は、「困ってるときはお互い様だよ」なんて綺麗なものではなく、邪魔な奴は村八分!働いていない奴は必要無い!ですね。

 

その結果、村八分に出来ないので「働いてる俺が養ってやってるんだ」とい思考にたどり着くんだと思います。

 

現に、今でも「失業保険なんて俺が払った税金だぞ、そんな生活すんなよ」と説教してくる人がいますが、私もかれこれ18年ほど払ってますし、その「保険」が適用されてる時期なだけだと思っているんです。

 

しかし、それは聞かずに「俺は働いてる、俺は税金を払ってる、だからお前は俺の税金で食っている、養ってやっている」となる、この素晴らしく単純明快な思考は恐怖すら覚えます。

 

新卒採用で入社した会社でずっと働くことこそ正しいというこの国では、無職期間を体験している人はまだまだ少ないでしょうけど「こっち側」は絶対に一度経験した方が良い世界だと思います。

 

世界が広がり「あちら側」の事がよ~く理解できて人として成長できることをお約束します。

 

 「こっち側」に来てみませんか???

 

 

 

 

 

でわでわ。