kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

二宮金次郎がスマホで読書したらスマホ中毒で怒られるのだろうか?

 

ネット中毒の次はスマホ中毒ですかぁ・・・。

  

ライフスタイルの変化は時代と共に起きるのは当たり前なのに、新しいことを受け入れられずとりあえず悪扱いしてみるというのは老害というか、それで被害を被る企業の悪あがきというか、なんか感じの良いものではないというのが私の感想です。

 

一昔前、いや、三昔前ぐらいはテレビで力道山王貞治を観て視聴率30%オーバー当たり前だったのは「テレビ中毒」と思うのですが、これは古き良き日本と言われて中毒なんて誰も言わないですし、今どきテレビ中毒なんていう人いませんよね。

 

それに、テレビだって番組内容が多種多様ですから、ニュースや教育番組を観てるのは良いけど、深夜のエロ番組(関西人だと大人の絵本とか)だと駄目。てな感じで、テレビは観る番組によって影響が変わるなんて当たり前です。

 

その「当たり前」になるのに時間はかかりますが、ネットだってスマホだって同じく観る内容によって変わるわけであって、そんなことにいちいち一言いうなんてよほど暇なんだろうな、としか思えません。

 

 

じゃぁ、

 

二宮金次郎が現代にいるとして薪を運びながらスマホで勉強していたら「目が悪くなる!睡眠障害になる!」と怒られるのでしょうか?

 

中毒=悪というなら、インド人のカレースパイスとか、日本人の米・味噌・醤油とか、韓国人のキムチもかなり中毒だけど駄目ですか?健康被害がありますか?

 

マリファナよりタバコの方がよほど中毒性があるのになんでタバコはいいんですか?

 

 

・・・とてつもなく無駄な論議ですね。

 

現代においてネットもスマホも無くてはならない、無くならない物なんですから上手に付き合う方法を考えてより良い生活を送りましょう。

 

 

 

 

でわでわ。