読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

他人と比較して負けてると一歩踏み出せないマイナス思考は捨てよう

 

以前「オンリーワンすら困難な現代は『楽しむ力』で乗り切ろう」というエントリーで、世界は一つに繋がり始めた現代において他人との比較は広範囲になりすぎてしまい、ナンバー1にもオンリー1にもなれない時代になっているといったことを書きました。

 

他人と自分を比較する時、ついつい自分の目標となる人とか、尊敬している人と比較して「まだまだだな・・」って思ったり、世界中から勝る人達を見つけては「あぁ、俺って全然駄目だわ」というマイナス思考が働いてしまうことありませんか?

 

 そして、負けていると思って行動に移せなくなることってありませんか?

 

私は良くあるのですが(笑)こういうマイナス思考での比較って本当に良くないと思います。

 

36歳にもなれば会社では「結果が求められる」とか「即戦力じゃないと駄目」とか「人に負けないスキルが必要」とか色々言われますが(そもそも、それを言ってる老人達が全然出来てないけど)、社会人生活だって後30年以上ありそうなんですからここで完璧だなんてありえません。

 

それに、死ぬときに「あぁ、完璧だったな」なんて思って死んで何になるんでしょ?

 

 

人生まだまだこれから。

 

生きている間に目標にたどり着けるか、その前に死ぬかなんてわかりません。

 

それより、自分の目標に向かって歩むこと、成長できることに喜びを覚え、それを楽しむことが大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

でわでわ。