読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

日本の履歴書ってなんか変

 

外資系企業に色々アタックするものの夏休み気分なのかあまり反応が無く、あっても渋い感じでグッタリしております・・・。

 

「絶対に使えるよ、私」という、何を根拠にそんなことがいえるのか分からない自信に溢れているのですが入社できなきゃただの馬鹿ですね(笑

 

 

 

しかし、日本の履歴書って本当に変です。

 

そもそも新卒採用って制度も変ですけど、新卒とキャリア採用が同じ用紙書いて、それプラス「職務履歴書」が必要で手書きしたら一日仕事です(私は字が汚いし)。

 

しかも、この2つの書類作るのにどれだけの労力が必要なのかと思うのですが採用する側からすると意外とどうでもよかったりするんですよね。

 

内容も、小学校から学歴書いたりしますが入学と卒業をそれぞれ書いてなんの意味があるんでしょう。私立に入ってたりしたら書きますけど、それでも卒業だけで十分。そもそも最終学歴で十二分。

 

それから「得意な科目」「スポーツ・クラブ活動・文化活動などの体験から得たもの」「自覚している性格」しまいに「特技」ってあんた、夏休みの作文じゃないんだから社会人20年近くやってて科目もクラブもへったくれも無い…。

 

「志望動機」だって素直に「家から近いから」「給料が良いから」なんて書いたら駄目で、夢と希望が溢れてた相手が喜びそうな事かいて媚びるってどうなの?そんなん入社した後なんに役立つ情報なの?

 

 

 

その点、英語版はいたってシンプル。

 

名前と住所、日本の会社ならいちよ誕生日、電話番号、メールドレスを記入。

後は簡単な自己アピールと最終学歴、職務履歴、保有資格、以上。

 

アメリカでは年齢や性別だって普通は書かない(聞いてもいけない)の「それで本当にいいの?」って思うぐらい情報が少ないのですが、私はこれでいいと思います。

 

 

はぁ、履歴書作りも飽きた!会社おこすかー!

 

 

 

 

 

でわでわ。