kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

10年後のことなんて考えても無駄だからやめちゃいましょう

 

 

「仕事を決める」

 

それは自分の将来、家族の将来を決める大切な一歩だと思うと5年、10年後、さらには30年後や老後についまでず~っと考えてしまうのですが、それは無意味だと思い始めました。

 

だって、過去10年振り返ったら本当にたくさんの出来事があって、色々考えて考えて10年前の自分では想像もできないぐらい変わっているのに、この先10年のことなんて予想できるわけがない・・・。

 

だったら「今やりたいこと」をやってるだけで十分じゃないか!と考えるとスッと心が軽くなりました、これは我ながらこれは良いアイデアだなと思っています。

 

 

どうして人は「仕事」について考えるときとてつもなく長いビジョンを持ちたくなるのかというと、親世代(今60~70歳ぐらいの人達)の教育がそうだったからだと思うのですが、時代は移り変わってしまったので考え方を変えなければ行けないと思います。

 

 ・仕事は始めたら極めるまで必死でやらなきゃいけない。

 

 ・嫌になって3年は我慢しなきゃいけない。

 

 ・仕事をコロコロ変えるやつは責任感も忍耐力も無く信用できない。

 

 

そういう職人気質の仕事ももちろん今でもあると思いますが、サラリーマンの終身雇用が崩壊した今、こんな事してたら社畜として無駄な時間を過ごすだけです。

 

それより、今やりたいこと、今やるべきことを考え行動しましょう!

 

 

 

 

でわでわ。