kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

フリーランスのすすめ

 

アルバイトでもサラリーマンでも基本は自分の時間を売って稼いでいると思うのですがコンビニのアルバイト店員と、大手企業のサラリーマンにどうしてこれほどまでの給料の差が出るの不思議ではないですか?

 

私の前の職場は時給で言えば3000円とか4000円ですが、どう考えてもコンビニでバイトしてる方がつらいしストレス貯まる。でも、会社的に大赤字だったのは前職場ですし・・・、ほんと不思議です。

 

これは日本だとなぜか「まぁ、仕方ないよ、社会の仕組みだよね」とか思っちゃう人が多いのですが、世界規模でもすでに「なんで日本人はこんなに給料高いの?」が始まっていると思います。

 

一昔前なら中国に工場を作るなどして日本の雇用が無くなりましたが、今後はインターネット(クラウドソーシング)で手紙一枚翻訳なんかも500円という破格でやってもらえるようになり、自分が机の前でやって仕事もどんどん海外に取られていきます。

 

(※もちろん英語という共通言語での会話になりますが中学校卒業してる日本人なら誰でもできる範囲です)

 

こうなると、一つの会社で48年勤め上げるサラリーマンという終身雇用の維持はそうとう難しくなり、今後はフリーランス的な仕事の仕方をしなければいけない時代になると思います。

 

個人的な感覚としては「沈みゆく船(企業)をいつ脱出するかで今後の生死が決まる」時期にきているのではないでしょうか。

 

フリーランスっていうとまだ「企業に雇われる人」みたいなイメージですが、今後はフリーランスが増え、フリーランス同士が集まって仕事をするでしょう。

 

もちろん一人が一つのプロジェクトに専属するのではなく複数のプロジェクトに関わり、人と人が繋がって大きな蜘蛛の巣のようなネットワークが出来て、そういう力が企業を動かすようになると「フリーランスに雇われる企業」になる日は近いと思います。

 

そうなったとき、どちら側にいれるか?

 

今が瀬戸際ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。