読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

今時の暴走族は伝統芸能みたいなもんで辞められないのかもしれない

 

今日は用事があって朝早くから佐賀県の山を登ってきたのですが、朝7時というのに営業前の道の駅に暴走族がたむろってました。

 

私(36歳男子)は湘南爆走族世代なので暴走族といえば高校生ぐらいがやってて、爆音を轟かせ車線も信号も無視して風になっちゃう人達で、たちが悪ければラリちゃってるしバット持ってボコボコにしちゃうイメージですが今時はまったく違います。

 

バイクはなぜ動いてるのか不思議なぐらいの古いCBXとかを未だに愛用し、見た目は昔ながらの暴走族風なのですが排気音はかなり静か…。

 

車線も守るし、信号も守るし、ちょっと空ぶかしして集団なもんだから邪魔な程度なので、これなら老人が運転する30km/hの軽自動車や、シャコタンセルシオのアホ暴走運転よりよっぽど良い人達です。

 

し・か・も、年齢は私と同じかちょっと下ぐらいで恐ろしいことに子連れ!!!!

 

子供がキャッキャキャッキャとバイクの後ろに乗ってたり、あゆマークとUFOキャッチャー人形だらけの軽自動車に乗ってたりして子連れ暴走ですよ、アンビリーバボー!

 

もう時代遅れも2~3週目に突入してるのに辞められない人がいるってなんなんでしょうね? 伝統芸能みたいなもんなんですかね?歌舞伎とか?落語とか?

 

海老蔵の舞台も個人的には酷いと思うんですけどあれも伝統です問題無い。とすれば、この暴走も暴走にすらなってないけど伝統を守るということで問題無い、のかなぁ・・・。

 

 

なんて思った日曜の朝でした、あぁ眠い。

 

 

 

でわでわ。