kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

ビール検定なんて必要ない!

 

日本で一番メジャーなお酒といえばビールかと思っているのですが、私はビールについて話し出すと止まらないぐらいビール好きです。

 

毎日飲むだけでなく色々な書籍を読んだり、日本のビールだけじゃなく海外のクラフトビールなどの歴史や製造方法についても調べたりしてる若干めんどくさいマニアです。

 

昨今ちょっとしたビールブームがきているようで、ビアバーとかブルワリー(ビール製造所)が増えてとても嬉しく思っているのですが、その反面ビールの「検定」が増えてるのはあまり良いと思っていません。

 

なぜかというと、良くも悪くも人間の主観に一定の基準を押しつけているワインのパーカー格付けやソムリエ検定が大嫌いだからです。

 

あんな制度がビールでされるかと思うと残念でしかたありませんし、そもそもワインほどビールは奥深くないし、冷え冷えでグビグビ飲めたらノンアルコールビールでも良いなんて庶民的飲み物に細かい蘊蓄は必要ありません。

 

ビールはなにであろうと目の前につがれた冷え冷えをグビーlっと美味しく飲むことが一番大切なんです!

 

それが発泡酒だろうが、サーバーの洗浄がダメダメで臭かったとしても、言うべき事は蘊蓄ではなく「乾杯!」と「プハー!美味しい!」でいいんです!

 

あわよくばビールに合う美味しい料理があれば最高なんです!

 

 

ビールの歴史や製造方法については知ると楽しいので「生ビールの生ってどういう意味?」とか「日本の大手メーカーのビールはなぜ全部ラガータイプなの?」ぐらいの豆知識なんかあれば飲みの席で役立つと思います。

 

しかし、会社の宴会でビールを注ぎながら『いいですか、まずビールを注いでから飲む前に泡立ちの良さ、ビールの色や透明度、そして香りを楽しんでください。その次は味覚ですが舌は味覚を感じる場所がそれぞれ違っていて苦みは・・・』なんて話しされたらグーパンチです、うだうだいってないで飲め、グラス開けろ!って感じです。

 

地ビール(クラフトビール)は本当に美味しいのですが一杯900円等高いので、チービチビ飲むのもいいでしょう。でも、それを冷えてるうちにグビー!っと喉を鳴らしながら飲むのもありだと思うんです。美味しく飲めたら良いんです。それを「あ!なんてもったいない!それは○○ブルワリーの○○さんが作ったほにゃおにゃなんだからもったいないよ!」なんて聞きたくないと思いませんか?

 

 

 

過去の歴史とビールの製造方法、そして本場ドイツのjudge方法を問題にしただけでいったいどれだけのお金を儲けるんでしょうか???

 

人の趣味思考に一定の価値を押しつけることでお金を生む検定商売、ビール検定なんて断じていりません!

 

 

 

 

 

 

でわでわ。