kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

はだしのゲンが駄目ならお化け屋敷はもっと駄目だろ~

 

 

私が子供の頃は小学校の図書館にかならずあった漫画「はだしのゲン」がR指定になりそうな勢いですが、それを発端に戦争について子供の教えるべきだとか色々な論争がされてますね。

 

私も戦争をしらないし、若者が「中国とか韓国とか戦争してつぶしてしまえ」なんて発言を見ると変話ボケもここまできたかと思うので、過去に行われた悲惨な戦争の真実を後世に伝えて、戦争は二度と起こさないようにするのは大切だと思います。

 

 

しかしですね、慰安婦問題を見ても分かるように本当に真実を伝えているのか疑問じゃないですか?

 

韓国が主張していることが本当か嘘かなんですぐわからないんですか?

 

湾岸戦争のように他国に対して日本がどんなけ酷いことをしたか教育されましたか?

 

 

はだしのゲンの描写が酷いなら、お化け屋敷も18禁だし、三国志だって18禁だし、ホラー漫画や映画は全部だめでしょ?

 

 

 

「戦争を起こさない」という教育はたしかに大切だと思います。

 

 

でも、その為に都合の良いところだけピックアップして嘘っぽくなってちゃ駄目だと思うし、本当に大切なのは『過去の過ちに習い、将来をより良くしていく』という本来の趣旨を忘れちゃ駄目だってことだと思うんです。

 

戦争話し聞いて、子供が「戦争は怖いな、いやだな」なんて感想では、お化け屋敷から出てきて「お化け屋敷怖いな、いやだな」と同じなんです。

 

そんな老人のマスターベーションに子供の大切な時間を無駄にしてちゃいけません。

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。