kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

見て見ぬふりしてることが本当の現実だと思う

 

主夫な私は頻繁にスーパーに行くのですが、たまにみかけるレジでお会計をしてる横から持参のエコバックに入れていく人がいて、その行為自体別になんてこと無いんですが、入れることに必死でお会計を言い渡されても無視してエコバックに上手いこと入れるのに必死な人が結構います。

 

 

そういう人って凄い自由人だなぁ、こんな人と一緒に住んだら辛いわぁ~、ありえへんわぁ~、とか思うんですが昼間のスーパーには意外と自由人が多い。

 

最近よく見かけるお肉などの発泡スチロールトレーをお会計後に捨てて帰る人。

すぐゴミになるし、回収日少ないし、洗ってまたスーパーまで持ってくるぐらいならココで捨ててしまえ、という気持ちは分かりますがゴミ箱が血なま臭くて困る。

 

子供らを走り回らせてずっと井戸端会議してる人もいるし、肉でも野菜でもとにかくラップの上から押さえまくって何か確認してる人もいるし、この前はトイレでエッチしてる妙齢カップルもいたし(これは極希)、なんかカオスです。

 

世の中には想像を絶するほど変な人っていると思う。

 

そういう人って子供の頃から「見てはいけないモノ」って感じで蓋をされた存在というか、人として扱わない存在にされちゃってるけど、でも本当はそれこそが見て見ぬふりしてきた現実だと思う、人間なんてみんな変。

 

なのに「あの人は変なんだ」とか「あの人は常識が無いな」とか「あの人は私達とは違うんだ」とかそうやって分別してると現実を直視できなくなって、妄想の世界で生き始めちゃって、それが心地よくて戻ってこれなくなる。

 

それがどんどんエスカレートして、自分の枠からはみ出てる人を人として扱えなくなって差別し、争って、結果として自分も傷つく。そんなの凄い負のサイクル。

 

自分の人生を妄想で終わらせないためにも現実をもっと直視して受け入れていこうと思う今日この頃です。

 

 

 

 

でわでわ。