読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

自分で自分を好きになれば他人も自分を好きになってくれると思う

 

どこぞのだれかが「お客様は神様です」なんて嘘をでっちあげたもんだから、日本人は1円も払ってなくても客という立場になるとなぜだか傲慢になったります。

 

そういう店員への態度とか、車の運転や公共機関(電車やバス)に乗ってる一人の時とかって、その人の本当の姿がにじみ出てると思うのですが、多くの人は友達や家族の前にいる時より態度はかなり「悪く」なると思います。

 

例えば、電車で大音量で音楽を聴きながらドカッ!と座って足組んでたくせに、先輩らしき知人が現れた瞬間、音楽も止めて立ち上がり明るい声で「おはようございま~す」とか言ってるの見ると「こいつ裏表あるなぁ」って思います。

 

裏表があるってことは、本当の自分は人に優しくできない、他人を人と思わない、公共物は汚しても壊してもかまわない、迷惑をかけても気にしない、そういう自分は他人に見られても気にしないと思っている。

 

で、そういう裏表が多い人って自分に自信が無くて嘘をつく。自分を守りたいから嘘をつく。他人を罵倒してでも自分を正当化して、自分の悪い部分を見て見ぬふりしてる。

 

 

そういう人って好きになれませんよね?

 

人に好かれようと自分を偽ってるのに、偽ってる自分が人に好かれてないって変だとおもいませんか?

 

そんな偽りの自分って必要無いと思いませんか?

 

私は必要無いと思います。

 

いつもの自分を見てもらって、いつもの自分を好きになったり嫌いになったりしてもらえればそれで良いし、タイミングの良し悪しがあっても良いと思ってます。

 

 

もちろん自由奔放に破天荒という意味じゃ無くて、本当の自分が好かれるようになればいいってことです。

 

だから、まず自分の悪い部分を見つけて、それを認めて、それが良いのか悪いのか考えて、どんな自分になりたいか考え、そんな自分を好きになれれば良いなと思う。

 

そういう姿は恥ずかしいとか、かっこ悪いとか考えちゃいます。

 

でも、きっと他の人から見たその姿は素敵に見える日がくるんじゃないかと信じてます。

 

 

 

でわでわ。

 

 

 

PS.二日酔いじゃありませんよ、シラフですよ。

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。