読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

Facebookの次

 

インターネットが普及する前、人様に個人的な文章や日記を掲載する機会はほとんどなくって、文学的な人が雑誌かなんかに投稿して採用されるぐらいしか自分の書いた文章が日の目を見るようなことは無かったよな気がします。

 

それが今はこうやって日々乱文を書いてたって世界中の人が見れるようになって、他人の匿名ブログを読むのって「人の日記を盗み読みしてる」みたいな感じでなんか楽しいし、人が隠し持っている個人的感情がバーチャル空間に渦巻いてて、もうどっちが現実なんだからわからないぐらいになってるんだから世の中変わってきたなぁ~って思う。

 

昔々はニフティーサーブってのがあって、電話回線を使ってモデムで接続してる時代があったんですが、そこの一部のフォーラムとかで個人小説とか見れたりして私も子供ながら読んでました(テレホーダイとか懐かしいなぁ)。

 

その次はインターネットが普及し始めて、個人でもホームページとか作るようになって、そこで自分の日記をHTMLで書き出して、その次はブログで、その次は日本だとmixiで、その次はどんどん多様化してTwitterとかFacebookとなって今に至る。

 

でも、2~3年の周期でいろんなサービスが提供され、その都度いろんな所にアカウントを持って、いろんな所に日記を書いたりして、それぞれの場所で人の繋がりを持ってたんだけど、気がついたらそこのアカウントのIDとかパスワード忘れちゃって自分の日記も見れなくなっちゃってたりして、なんか、昔書いてた日記が見つからないような切なさを覚えたりしてる・・・。

 

そんな事情があってか(それとも会社が倒産しそうだからなのか)mixiは自分の日記をアルバム化してくれるようなサービスを始めてるって聞いて、それ、IDを忘れる前に、そしてもうちょっと安かったらお願いしてたなぁ~って思った。

 

バカバカしいサービスという人もいるけど、自分が10年前に考えていたことを読むって、過去の自分からのメッセージみたいな気がして凄い楽しいし、自分のためにもなると思う、恥ずかしいけど。

 

そして、いまはFacebookとかブログを書いてるけど、これも3年ぐらいしたら次のサービスが提供されて自分の日記も見れなくなるかもしれない。だから、外部記憶をちゃんと手元に残す手段をそろそろ考えなきゃなって考え中。

 

Facebookとかの投稿&コメントを月単位でPDF化するようなアプリ無いのかな?中ったら作ってみようかな?

 

 

 

 

 

でわでわ。