読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

実社会とSNSの使い分けは人それぞれ全然違うって話し

 

 

先日、10歳ほど年上で会社を経営されている方とお知り合いになり、2ヶ月ぶりぐらいに会った時に「全然連絡くれないし、もうほっとかれているのかと思った」と言われました。

 

 

たしかに2ヶ月ぐらい顔を見て話しをしていませんし、ビジネスの話しもしてませんでした。しかし、Facebook & LINEなどのSNSで繋がっていたことで、いつも写真を見ていたし、私もそれにコメントしていたし、たまにFacebookメッセージやLINEで会話をしていたので私個人的には「けっこう繋がってる」って感覚をもっていたのですが、先方には全然「会ってない」っていう感覚があって、本気でビジネスやりたいのかちょっと疑問に思われていたようです。

 

 

これと同じ時期、その逆の話しもありました。

 

 

上記の男性と同世代で飲食店をされている方とお会いする機会があり、一度だけ、しかも10分ぐらいだけ会話をしただけで、その際に「ぜひこんど伺います」ということでFacebookのお友達になった。

 

それから半年ぐらいずっとSNSだけのお付き合いだったが、先日やっとお伺いすることができて、その時にお話したら「1度だけ話した知人というより、何度も会って飲んでる感じですね」と言われました。

 

 

 

 

これらのどちらが良いとか悪いとかって話しじゃありません。

 

 

インターネットが普及して「会う」「電話する」「手紙を書く」以外に、簡単に人との繋がれる手段をたくさん手に入れ、沢山の人と繋がることができるようになった。

けどやっぱり「昔からある実社会でのコミュニケーション手段」と「SNSのコミュニケーション手段」って違うって思ってて、手段を沢山手に入れたから「使い分け」てるなって思ったんです。

 

そして、その使い分け方は人によって感覚が全然違ってて、その差が理解できてないから、人と人との間に歪みを生んでるというか、それを一定のルールとかでまとめようとしたり、それを強要して言い争いというか、答えの無い議論が続いているのかなと。

 

 

 

もちろん、ただ罵りたい、議論したい、誹謗中傷して楽しんでるだけの人も沢山いる。

 

でも、メールで話しても、Facebookで話しても、LINEで話しても、実社会と同じように相手を想う気持ちが一番大切だと思ってて、それらのコミュニケーション手段を気持ちよく使えるようにしようと考えている人達の議論でも言い争いは絶えない。それってコノ「実社会とSNSを使い分けてる考え方の違い」という観点がちょっと抜けてるからかなと感じます。

 

 

 

私も『ブログは匿名で、Facebookはリア充満開で、Twitterは暴言だらけで、直接会う人は・・・』って使い分けてる。

 

 

それ、実社会では騙してるっていうんじゃないの?

 

匿名でこんな事かいて失礼じゃないの?

 

誰に読んで欲しいの?アフェで稼ぎたいの?なんなの?

 

いったいどれが本当の自分なの、使い分けてる理由はなんなの?

 

なんで実名にしないの?なんで暴言ばっかりなの?

 

なんでいつもリア充ばっかりなの、なんか自慢したいの?

 

 

 

 

これの答えってって人それぞれみんな違いますよね。

 

だからコノ違いを、「違うし答えなんて無い」ってことを理解しようとしないと、相手を想う気持ちも空回りしちゃってるというか、それが答えの無い議論を繰り返している原因なんじゃないかと思った今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。