kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

壊れた製氷機の夢に自分の影を視る

 

先日、壊れた製氷機の夢を見た。

 

私は氷が欲しくてずっと製氷機の前で待ってるんだけど、壊れた製氷機はいつまでたっても氷を作ってくれなかった。

 

製氷機が「ぎぎぎぎぎっ」と動く、たぶん氷を作っているトレイが回転して下に落ちる音だと思って、期待して扉を開けるんだけど、そこは水がしたたってるだけ、氷なんて出来てないし、冷凍室をただただ濡らしてるだけ。

 

製氷機は氷を作れないんだけど、何度もトレイに水を入れて、冷やして、こぼして、水を入れて、冷やして、こぼして・・・・、それをずっと繰り返してる。

 

だから私はいつまでたっても氷が手に入らないんだけど、ただ製氷機の前でボーっと壊れた製氷機を見て、濡れたら拭いてた。

 

それが苦痛じゃ無く、むしろ好きな感じで目が覚めた。

 

もしかしたら壊れた機械に不器用な自分を投影してたのかなって思った。

 

 

・・・あぁ、ちょっと心が疲れてるんですかね。

 

今日は午前中から検定試験なのに緊張して寝れてません。

朝復習しようと思ってたのに起きたら8時でこんな日記書いてるし!

アホか俺は!!

 

来年の目標は「メンタル強化」です、では行ってきます。

 

 

 

 

 

でわでわ。