kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

最近流行のクラフトビールは高すぎる・・・。

 

以前に「ビール検定なんて必要ない!」こんなことをエントリーしてビール検定を否定してますが、昨今流行っているクラフトビール、一昔前でいう地ビールの値段について今日は書いてみます。

 

最近流行のクラフトビールはとにかく値段が高い気がしてます。

 

普通の国産ビールだと飲み放題が1500円ぐらいで何倍でも飲めますが、外国産ビールや国産クラフトビールって、お店でジョッキに入れてもらって一杯350mlぐらいでしょうか、もしくは瓶でそのまま販売されてても、それが800~1000円にもなるビールが当たり前になっているのはちょっと「ビールを高級品扱いしすぎじゃない?」って気がするんです。

 

そうなる理由は色々とあって、海外のビールは輸送賃や酒税もろもろが原価のっかってさらに利益をのっけるので恐ろしく高くなって(っていう仕組み自体が大手ビールメーカーを守る悪法ですが)しまうとか、国内のクラフトビールも材料はほとんど輸入ですし国産は人件費も高い、しかも現在アホみたいな円安で値下げなんて難しいと思います。

 

また、ビールの種類も色々あって、ゆっくりとワインのように飲む種類の高級なビールもあるし、常温に近い温度でゆっくりのむビールもありるので一概に「全てが高い」とも言えません。

 

し・か・し、やっぱビールってもっと「グビグビ~!」っと飲んで「プハー!」と楽みたいんですよ、ぷはーーー!!っと。でも、それが出来るのって大手ビールメーカーの飲み放題ビールだけですが、どれもこれも味が近しいピルスナータイプばっかりで楽しめない。それがすごく残念で仕方が無いんです。

 

もっといろんな種類のビールを、何度も乾杯して、みんなで騒いで楽しくビールが飲みたい。最近広まってきたオクトーバーフェスト的なお祭りも楽しいですが日本国内のビールの値段は高すぎ!!本場ドイツで1リッター=1000円ぐらいなので倍はしてて、祭り気分で飲んでたら諭吉が飛んでいく、そんなお祭り嫌過ぎる。

 

もっと気軽に、もっと楽しく、もっと安く、もっと大量に飲めるクラフトビール。そんなコンセプトのブルワリーってのもいいな、って思う今日この頃です。誰か一緒にビール作りませんか???

 

 

 

 

でわでわ。