読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

お年玉を自由に使うことは良い勉強になると思う

 

ずっと掃除し続けて綺麗にするところなんて無いんじゃないかと思うぐらい綺麗になった我が家を見てニンマリ中♪

 

みなさん大掃除は終わりましたか?

 

世のサラリーマンは主婦の大変さを理解して是非手伝ってください。正直、こんなけ家事やって「食わせてやってる」扱いされるなら会社行って愚痴ってた方が100万倍良いですよ、ほんと、雇われて毎月お金が入金されるのがどれだけ楽か…。

 

と、まぁ愚痴はおいといて今日はお年玉について。

 

子供の頃、4~5万も貰えるような子供から、私のように「親族一律2000円」という謎の掟によりかき集めてもたかが知れた金額にしかならない子供もいましたが、とはいえ毎月のお小遣いが500円程度だったので大金が貰える唯一のチャンス、それがお年玉でした。

 

みなさんはもらったお年玉をどうしてましたか?全部すぐ使いましたか?親に没収されましたか?蓄えましたか?

 

奥様の義母は我が子のお年玉をマイホーム購入資金に費やし、娘に「あなたのお金はこの壁のココぐらい」と言った強者ですが、私の母は全額預かり、その中から1~2割ほどだけ子供に手渡しお小遣にさせてもらいました。

 

だからファミコンのゲームとかは買えず、とりあえず1000円ぐらいのプラモデル買ったり、本を買ったりして、友達が買った凄いモノを見て羨ましがった記憶が多々あります。

 

とはいえ、律儀な私の母は我が子から集めたお金をパクらず、ちゃんと通帳を作って社会に出るときに手渡してくれました(大金だと思ってたのにすっごい少なくて泣けました)ので良かったといえば良かったのですが、社会にでた途端に鬱憤というか、買いたかった物が買えなかったストレスを発散すべく無駄なモノを大量に買い漁り、我が家が凄いことになった(体重も凄いことになった)んですよね(^-^;)

 

親も良かれと思ってやったと思いますが、今考えるとあの程度(1万円ぐらい)の額でも大金だと思える子供時代に、好きなものを買う、大切に使う、くだらないモノを買って後悔する、友達が買った物と自分が買った物の差を考える、もしくは自分で蓄えたてもっと大きな買い物をするとか色々と考える良い勉強になったんじゃないかな~と思います。

 

今時の子供は爺婆からもたくさんもらって、それこそ大金かもしれませんが、それで買って良い物を制限したりしないで、子供一人で大きなお買い物をさせて「お金を使う感覚」を身につかせるのもありかなと、あ、お店側も「その金どうしたんだよ」って目で見ないようにしなきゃいけませんけど。

 

危険なこともあるかもしれませんがそれが勉強です。お年玉ぐらいは好きなように使って勉強させるのもいいんじゃないかなぁ、と思った次第です。

 

ま、僕は誰にもあげませんけど・・・。

 

 

 

 

 

 

でわでわ。