読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

子供は優先されていいのよ

 

正月早々バスにのってお出かけしたら家族連れ(母数人、子供数人)が乗り込んできました。

 

正月だしテンション高いくて楽しそうなのは良かったのですが、その中の母親の一人が子供に向かって「優先席は子供が優先されていいのよ、ほら早く座りなさい」と言って子供を座らせたのを見てなんか違和感を覚えました。

 

(そこで、もう一つの優先席に座ってたオジサンもばつが悪いのか席を立ち、違う所に移動する(二人がけの席はまぁまぁ空いてたんです)姿をみて「あらまぁ、すいみませ~ん、ありがとうございますぅ」って大声でいう母親は完全にアウトですけど)

 

「優先席」ですから空いてれば誰が座っても良いし、バスの中で小さな子供が立ってるのは危ないから座った方が良いので間違って無いっちゃ~間違って無いんですよ。

 

でも、子供に「あなたは優先される立場なの」って言うってやっぱり変で、それって根本的に他人に対する思いやりとか無視してて「バスの優先席はそういうルールだから」ってことだけ教えている気がするんですよね。決められたルール守れば良い。それによって誰かが迷惑していても「決められたルールだから良い」って。

 

そうやってルールや決まりの意味を教えず「これはルールだから」「これは決まりだから」って子供を躾けてきた親とか学校の先生とか、会社でも「社会のルールだから」っていう人、結構世の中に多い気がしますし、それに違和感を感じて質問すると「お前は屁理屈が多い」とか言われちゃったりする。

 

それってどうなんだろうか?

 

だから、誰も通ってない道の信号が赤でも守るし、安全確認をしてしっかりと渡ったとしても信号無視していたら、その人は悪だと言って怒ったりする。

 

たしかに信号を守っている人はルールを守ってるし、信号を無視した人はルールをやぶってる。でも、どこに実害があっただろうか?事故が起きる可能性がどれぐらい増えただろうか?信号を守った人に被害があっただろうか?

 

ルールを守っていれば間違い無い、怒られない、私が正しい、私は正義。

ルールを守っていない人は怒られて当然、罵っていい、酷い人、あの人は悪。

 

それってどうなんだろうか?

 

ルールが何のためにあって、どうしてそうなっているのか全く疑問も持たず、人が作ったルールにただ従うだけで何も疑わないなんて思考回路が完全の断線してるロボットのようだ。

 

その信号機は交差点で事故を起こさない為、歩行者が怪我をしない為にあるわけだから、例え信号が赤でも自分で安全を確認して渡るなら問題ないし誰にも迷惑をかけていない。それよりも、誰も通ってない道でただ待つ方が無意味で無駄なことではないだろうか?少なくとも私はそう思う。

 

そんなことを優先席に座って騒ぐ子供を見て思った。

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。