読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

良く目にする世論と自分の考えに大きなズレを感じる

 

ちょっとサボり気味の日記ですが週2~3ぐらいのペースで更新していきたいと思います。

 

最初から話しそれますが、日記とかって「毎日書く」方が習慣になってるから一日のスケジュールの「この時間で書こう」っていう風にちゃんと段取りするんですけど、「書かなくても良いか」って考えると、そういう時間が無くなるんですね。やっぱり毎日かいた方がいいかも・・・(^-^;)

 

さて、本題。

 

最近ニュース等で目にする「世論は・・・」とかっていうコメント。あれがどうも自分の考え方と大きくずれていて違和感を覚えるのですがみなさんはいかがですか??

 

例えば、今回の東京都知事選のポイントってなんでしょう?と問われてまず思いつくことはオリンピックですか?原発問題ですか?それともお金(癒着)ですか?政党ですか?

 

はっきりいって誰がなってもどーでもいい、というのが本音です。なぜなら自分自身の生活において東京都知事が誰になっても影響はほぼ無いし投票権も無いからです。

 

実際に東京都に住んでた10年以上ですら「誰が都知事だったっけ?」って感じですし、現在は島国九州にいるのでほんとどうでも良い感じですが、そういう世論ってあまり無いんですかね?言っちゃいけないんですかね?

 

あえていうならオリンピック開催を理由に空港(羽田と成田)の距離をどうにかしてくれるなら嬉しいなとか、アホほど高いタクシー料金をなんとかするよう法律改定を提案して欲しいなとか、それぐらいです。

 

え?脱原発?たしかに気にはなりますが、私が気になるのは「原発を無くす」ことじゃなくて「必要な電力をどうやって供給するのか」と「代替え電力というなら、そのコストや環境汚染は?」ってのが気にはなりますが都知事選で求めるようなことでも無いきがするし政党についても「そんな規模で政治するような奴は都知事になるな」と思ってます。

 

しかし、テレビや新聞では私が考えていることとはかけ離れたことを「世の中の世論は・・・」といってコメンデーターが市民の代表のようなことを言ったり書いたりしてい、なんか大きなズレを感じてます、私は世捨て人なんでしょうか??

 

でもね、この見聞きしただけの「世の中の世論」という情報によって思考を左右される人ってのも多くて、そういう人ってすぐ情報操作によって右向け~左向け~と動いてて、それをまるで人生の指針かのように声を張り上げる人とかは馬鹿っぽいので、とりあえず今のまま様子を見ようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。