読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

カプセル式コーヒーメーカーに思うこと

 

ここ最近はコーヒー豆が安くなったとかでコンビニでもコーヒーマシンが設置されて「入れたて」コーヒーが100円で売っていて人気だそうですね、たしかにコンビニはどこにいっても入り口すぐにデデーン!と大きな機械が設置してあって不思議な感じです。

 

いかんせん、私はコーヒーを飲むと胃が痛くなるので飲めないので味は正直分かりませんが缶コーヒーなどよりは美味しいのかもしれません(^_^;)

 

で本題のカプセル式コーヒーメーカー、コーヒー豆とかお茶、紅茶などの素?が専用のカプセルにはいっているやつ。あれを見るとコピー機とかプリンター商売を思い出します。

 

↓たとえばこんなの

f:id:kanacky:20140125113843j:plain

 

これはk-cupという規格があるらしい。

 

こういう「専用のカプセル」に入った豆しか使えないような商品って、たしかに味にこだわっているんだろうし個々に梱包しているから美味しいんだと思う、けどちょっと、いや、かなりお値段が高くなって1杯80~90円ぐらいとコンビニと変わらなくなる。

 

だからコピー機のトナーとか、プリンターのインクみたいなもんで「※指定の商品以外を使用すると故障の原因になります」って話しだから、HP社のプリンターみたいに「本体なんてタダであげてもいい、インク買ってくれるなら」っていう消耗品商売としてなりたっているわけで、頻繁に飲む日とほどこういうのは買わない方がいいような気もする。

 

そして、次に出てくるのが「非正規の激安製品」なんじゃないのかなと思ってググってみた見つけられなかったけど、これがもっと流行ったら必ず出てくると思う。

 

そうなるとメーカーはまた新しい規格商品を出す、っていうイタチごっこをするわけで、それに消費者は振り回されるって思うとやっぱりこういうのは買わず、美味しいコーヒーが飲みたいなら手間を惜しまず豆をミルって飲むのがいいんじゃないかな、って思う。

 

コーヒー豆専用のミルじゃなくてもいいしね、料理に使えるやつで。

 

何事も「それ専用」ってのは便利だけど時間さえあれば必要ないと思えるものが結構ある。たとえば料理の「塩こしょう」って売れてるけど、あれは塩と胡椒を買ってきて混ぜれば良いと思うのは私だけなんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。