kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

全員社長経営っていったい?

  

気がつくと2月も下旬、はやいもんですね。

 

私もそろそろ働こうかなと思っていますが、とりあえず短期で1~2年やりながら自営を目指したいな、なんてまた甘いこと考えて就職活動しております。ってことで今日は久々にサラリーマン時代話しをエントリー。

 

 

前の職場では「全員経営」とか「全員が社長になったと思って」なんて偉い人が月初に高い場所から下々にもの申していたのが非常に印象的だったのですが、とにかく具体性の無い、抽象的な綺麗事ばっかり口にしてて、しかも、半年前に言ったことすら忘れて二転三転したことを、いけしゃ~しゃ~と喋るので、ほんと馬鹿だなと思ってましたが、聞く方も聞く方で「じゃぁ給料一律にしろよ」とか「責任とらない管理職ってなんだよ」とか、まぁ、まったくコスト意識もなく赤字垂れ流しでよく言うわ、と思っていました(自戒含む)。

 

実際、役員だろうが新入社員だろうが、人様からお金を頂くからには、その対価を捻出しなければいけないわけで、『経営意識、目標意識を持つ』というのは大切なことだと思います。

 

しかし、それがイコールで会社の事業や経営に直結した「全員社長意識」につながるかというと、私はまったく違っていると思っていて、大手企業だろうが弱小個人企業だろうが、社長は社長の役割、社員、アルバイト、それぞれが自分の役割があって、それは全員が違って当然だと思うのです。

 

経営する人、それを補助する人、環境を整える人、お金の管理をする人、という業務の分担はもちろんですが、ムードメーカーな人、意見をまとめられる人、時には場をかき乱す(事によって新たな物を創出できる)人、なども役割なんじゃないでしょうか?

 

社長はアルバイトの悩みを真剣に聞かなければ会社は駄目になるのでしょうか?

アルバイトは経営に提言しなければ存在意味がないのでしょうか?

 

答えはNoだと私は思います。

 

会社の存続、収支の黒字化を考える人もいれば、家族優先、趣味優先の人もいて当然ですし、人それぞれ考え方が違っていて当然です。言われた事だけやって、その日暮らしをしたい人が居なくなるなんてことは絶対ないんです。

 

(※それを建前で「会社に尽くします!」とか言わせて嘘つきだらけしていることも問題だと思いますが)

 

会社というのは一つのチームですし、そのメンバーをどうするか、最大限の力を発揮するにはどうするかを考えるのが経営者のお仕事ですが、それを全員で考えていたら会社はなりたちません。

 

オリンピックに例えるなら全員選手でも全員監督でも駄目というのと同じです、それぞれ役割がある、それぞれが自分のため、チームのために頑張っているのであって、「おれ、監督だけど選手の成績全然良くならないからさ、みんなどうしたら良いのか考えてよ」なんて言うのは変だと思うんです。

 

だから、「全社員が社長と思って働け~」っていう経営者は、そういうことをまったく理解してない「自分も雇われだし」的な考えで、全員一致団結!風通しがいい会社に!とか意味不明な呪文を唱えて任期満了、退職金で第二の人生しか頭に無いロクデナシです。

 

繰り返しになりますがみんなが同じ方向に向く必要性は全くありません。しかし、なんでもかんでも自分勝手に動くということでもありません。自分の役割を意識して、チームとして補完し合いながら自分も高めることであって、そういうことを考えている人達と働きたいし or そういう会社を作りたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ。