読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

テレビという装置に期待すること

 

当たり前っちゃ~当たり前なんですけど、仕事ってのをすると自分の時間が極端に減るので、この日記も週一ぐらいになってしまいました。

  

いや、そもそもインターネットすらほとんどやってないというか、あまり皆様のブログも読めて無いし、SNSもあまりやってなくて、なんか寂しい感じの今日この頃ですが、みなさんお元気でしょうか?

 

って感じで、今日は適当な雑感です。

 

最近テレビがほんとにつまんなくて「テレビ面白く無いよね」っていう人も多い気がしますし、私もその一人なんだけれども、未だにリビングの真ん中にテレビがあってこそ「リビングだ」っていう感覚が消えなくって、しかも、この他の代替え装置が見当たらない。

 

一人暮らしならパソコンの前でチコチコと遊んでても良いいし、好きなこと、たとえば釣り具のメンテとかでも、音楽聴いててもいいと思う(それが寂しいという人もいるが)んだけど、2人以上の生活になると、お互い好き勝手にやってるのもどうかと思うし、じゃぁ二人でできることするか、ってなると、ビール飲みながら映画でも・・・、ってやっぱりテレビの前でappleTVでなんか探してる自分がいて、「嫌いなんじゃねーのかよ!」って自己つっこみしたりして…。

 

 

NHK含め放送局が電波にのっけて送られてくるのとかは、色々制限もあるだろうし、観ても、くだらないとか、ウソばっかりとかって感じるけど、やっぱり、この映像と音楽を同時に、ただ座ってるだけで楽しめる、このテレビって装置は凄いな!と思う今日この頃。

 

テレビってまだまだいろんな可能性も秘めてるんじゃ無いかと思う。

 

個人的にはパソコン、というかインターネット端末とテレビはすでに融合していて『家族みんなで使う情報端末』というジャンルが近い将来のテレビの形になるんだろうな~って思う。

 

もう、キーボードとかマウスの操作出来ないって人はそんなにいないし、携帯電話をスマホにして、あれだけ老人も持ってるんだから、あの意味不明に数が多いボタンだらけのリモコンなんかさっさと過去の産物にして欲しい、ほんとあれ、いらない!

 

そもそも「テレビ」と「録画装置」が別々で、しかも、それぞれが専用品というのもなんか進化が感じられない、いつまでもそういう「カテゴリー」の殻にこもらず、もっと突き抜けて欲しい。

 

正直、かなり大きなiMacにテレビチューナーを付けてくれた装置をリビングにあった方が断然良い、ほんと、50インチぐらいのiMacが20万円ぐらいならすぐ買いたい。(Mac miniを繋げって話しですが)。

 

だいたい、このデカイ画面がオンかオフしかないのも不自然。上1/3ぐらいだけつかって、スマホみたいに天気や時事ネタを常に表示しててもいいんじゃないだろうか?なんなら室温とか、湿度とかも一緒に。もちろん省電力でね。

 

素敵な庭をお持ちの家庭ならカメラでも繋げて自宅の庭でも映し出しててもいいし、孫がいるなら、その写真をフォトスタンドみたいに映し出しとけばいいんじゃなかろうか?もちろん省電力でね。

 

太陽光パネルだの、湯沸かし器だの、インターホンだの、それぞれ無駄に格好いい装置があるけど、あれも、ここで表示しちゃえばいいんじゃないだろうか?そういう装置が壁に張りつけられたら、どれだけリビングの形が変わるんだろう、考えただけでも楽しくなってくる。

 

なんでもまとめだすと「テレビが壊れたらなんもできん」ってなるけど、そうならない程度にできるきがするし、だたいた、スマホだって壊れたら何も出来なくなるってのに結構雑に扱ってるんだから問題無い。

 

 

話しがあっちゃこっちゃ行ってますが、テレビはやはりリビングの真ん中にドドーンとあってしかるべき素敵な装置ではあるけど、この情報の速度や量が飛躍的に増大した10年で変わったのは「厚み」だけというのはなんともしがたい事実。しいていうなら、チャンネル変えた時のあのタイムラグとかなんて退化としか思えない。

 

このデカイ装置を5万とか6万で売ってるというのは凄い事だと思うけど、もう一歩進化して、現代に見合ったリビングの王様に変わってくれることに期待中!

 

 

 

 

 

 

でわでわ。