読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

いまさら消費税8%について思うこと

 

まったく消費税がないところから、急に8%というわけではなく、上がったのは「3%」なわけで、今まで105円だったものが108円になる。

 

例えば500円(税別)った物が、525円から540円になる、15円あがっただけと思えば「増税前のお買い物」なんてのは、自宅にとてつもない倉庫か冷蔵庫が3つぐらいある家だけやってりゃいいじゃないかと思っていたんですが、最近になって、増税ではなく『増税を機会にかなり値上げ』した物に驚くことが多々ある。

 

いつもいくパン屋だったり、らーめん屋だったりが、いきなり50円ぐらい値上がりしてたり、美容院が5000円がいきなり5500円になってたりして、「今まで我慢してやってきたけど、もうだめ、これは許して」みたいな感じなんだけど、どうも納得いかない。

 

どう考えても、増税したことによる影響は3%ではなく、世の中がこれまで、物価の上昇だったり、為替の影響だったりでも値段を変えるタイミングが無く、のばしのばししていた伸びきったゴムをバチン!とちぎれたのがこの消費税8%を機会にポンポンと値上がりして、これによる消費者の「なんか値上がりしたり、買い物控えようかな」感が、かなりあるんじゃないのかな~って思いますが、みなさんいかがですか?

 

私だけなんだろうか?

 

アベノミクス?三本の矢?なにそれ?どこの誰得??またデフレになんじゃないの???と思ったり、考えたり、ラジバンダリー。

 

 

 

 

でわでわ。