kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

最近またテレビでよくタバコを吸うシーンを目にするよね

私は若気の至り以外ではタバコを吸ったこともなければ、基本的に大嫌いで、あの臭いが服につくだけで本当にガッカリ、すぐに洗濯かクリーニングにだしちゃう。

 

私は、タバコって、超強力なクサヤでも焼いているかと同じぐらい「臭害」だと思っているし、吸わない人からしたら、臭いし、体に悪いし、とにかく良いイメージが何も無い。

 

ただ、ここ10年ぐらいで「タバコ」はちょっと可哀想な追いやられていて、パッケージに「これ、体に悪いよ」と書くなんてナンセンス過ぎるジョークのようなことになってるのは悲劇だなと思う。吸わない人に迷惑かけなきゃ別に自己責任でいいじゃないかと。法律でもオーケーなんだし。

 

ただ、最近テレビで「MOZU」というドラマを観ていて、やたらタバコを吸う。

 

そこで吸ったらあかんやろ~、ってとこでもガンガン吸う。

この4月から法律でも変わったのか?と思うほど吸う。

まるで「あぶない刑事」でも観ているかのように吸う。

 

ふと気がつくと、テレビで「タバコを吸うシーン」って見かけなくなっていたと思っていたら、最近は違う番組でもかなり吸ってるのが目につくので、それが凄く気になる、なんかあったのかな???

 

どっかの広告活動なのか何かしらないが、本当に多いし、歩きたばこも普通にやるし、これはちょっと変だな~って思う。

 

 

話し飛ぶけど、高尾山でトレランとか一部のマナーが悪い人が問題になっている。ってニュースみたけど、正直、山の楽しみ方は人それぞれだから『ゆっくり歩いて、花の名前や鳥の名前を覚えている自慢大会』しているのが正解じゃないと思うし、走ることが危ないんじゃないと思う。

 

走ってる人がどれだけ気をつけても、横に並んで歩いて、大きな声で喋りまくって、後ろも気にせず、急に右へ左へフラフラ移動する人の方がよっぽど危険だし、鬱陶しい。そういう人に限って「走るなんて危ない!」とかいうので、危ないのはどっちなんだよ、っていつも思う。なに自分が正義だとおもってやがるんだ!と。

 

だからね、何が言いたいかっていうと、タバコもちゃんと分煙して他の人に迷惑かけなきゃよくて、一部の人が自慢げに歩きたばことかしてるから、うるさい人達が「危ないざます!臭いざます!」って正義の味方気取り達が騒ぎ立てて、結局は自分で自分の身を滅ぼしてるんだと思うんですよね。

 

ちゃんと分煙してりゃいいし、山だって走り回って良いんじゃないかな、それぞれ別けて、それぞれが楽しめるようにするべきなんじゃないのかな、と。

 

ぶっちゃけ、ちょっとぐらいの迷惑はあって当然ぐらいでいいんじゃないだろうか?リスク0な自己中理想論議もそろそろ疲れた。

 

絶対臭くない、絶対安全なんてありえないし、ってか、そんなに臭いなら東京ドーム10個ぶんぐらいの土地かって、その中で生活してりゃいいし、山だって自分で買って立ち入り禁止にして、そこでのんびりすればいい。

 

この街も、この山も、お前のもんじゃねー、ってね。

 

 

 

 

 

でわでわ。