読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

日本で無職はつらいんですよ

 

現在の日本の人口はざっと1億2千万人ぐらいでしょうか。

その中で、働いて税金を払っている納税者が何割いるのかよくわかりませんが、失業率がゼロじゃないんで定年前でも働いていない人が多々いるんじゃないかなと思います。

 

もちろん働かなくても食べられる生活が一番ですが、いわゆるニートや無職な人っていうのがたくさんて、そういう人って絶対的に「悪」な扱いをされるきがします、「働いていない」ことが悪。というか「こっちが真面目に我慢して働いているのに」という嫉妬のような感じですかね。

 

でもぼくの勝手な統計ですが、そういう無職を嫉妬して下に見る人に限って、意外と会社で鬱になっちゃって、そして会社に甘えまくったあげくに辞めて、無職っていう自分がつらくなって鬱が悪化して社会復帰できないでいるようにも思えます。

 

なにか張り詰めていた糸が切れちゃったような、働いてない自分やばい。次の希望が無い、世間の目が・・・、とかって全然他の人は気にしていないのに「働いていた自分から見た」いまの自分が悪になってしまって考え込んでる...

 

日本は無職に厳しい、世間体も、再就職も、なにもかもハードルが高い。

会社員や公務員でい続けられれば楽じゃ無いけど、やっまり安定している、心に余裕がある。

 

なんでね、何が言いたいかっていうとね、無職って辛いんですよ、ほんと、無職にもいろいろ種類があるんで・・・。

 

無職でもルンルン楽しめるぐらいのメンタルある人は社会人なんて楽勝、むしろ「無職やフリーでいるほうがほんと大変なんだよ、言われたことやってりゃいいんだから、それで毎月きまった金が入るなんてすげーわ」っていう気持ちになれちゃうぐらいです。

 

新卒で会社に入って毎日酒飲んで愚痴ってる人、一度やめてみるといいですよ。サラリーマンなんて楽やわって思うんで。

 

 

でわでわ