読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

自分で自分に制限をかけているような気がする

 

みなさん、子供の頃からの夢とかありますか?

私も子供の頃はレーサーに憧れていましたが、今現在まったくそういう職種とは関係無いことをやりながら、レーシングカーやバイクをみては胸をときめかせています。

 

では、とにかくやっていて楽しいことってありますか?

食べる、遊ぶ、寝る、SEXなどいろいろな欲はあるかもしれませんが「わたしはダンスをしていない人生など考えられない」とかそういう自分の中でコレだ!っていうことがあるって素晴らしいと思うんですよね。

 

でなんでそんなことを考えているかというと、自分がいま「あれ、そういうの無いな」って思ったんです。

 

無いっていうのも変なんですけど、たとえばレーサーになりたくて高校生の頃からずっとバイトしたお金をそういう趣味に全部使って、いろんな趣味のレースをしていたけど、現実的にお金が無いとか、仕事で時間が無い、結婚してできない、家族のために、親のために、年齢的に無理、見られて恥ずかしいとか、、、言い出したらきりが無い。

 

そういったことで「自分で好きなこと」から離れていくって、自分で自分に勝手に制限を勝手にかけて、勝手に都合良くしてたんじゃないのかなって。

 

自分の行動を肯定するための自己都合、生きていくためになにか捨てなきゃいけないとかそういう、自分を制限して小さくしつづけてもう40年になるんじゃないかなと思った時、なんか人生もったいないなーって思ってるんですよね。

 

なんか根暗ですけど。でも、もしかしたら40歳っていう歳がそういうお年頃なのかもしれませんが、わたしは相変わらず自分探しを続けて未だ見つからず路頭に迷い中。この答えは死ぬまでわからないんですかね。

 

心の底から「あぁたのしい!」っていえること、ないかなぁ。

 

 

 

 

PS.別に鬱じゃ無いですよ(笑)元気に毎日過ごしてます。 

 

 

でわでわ