kanackyの日記

人生なんて邯鄲の夢

燃費なんて運転次第だよ

 

youtu.be

 

三菱自動車の燃費値が違法だというニュースがずっと続いていて、今日は日産の傘下になるって話がでてる。

 

OEM提携してる会社にいちゃもんつけられたって時点でこうなることがわかってて、そのために株価さげたんじゃねーの、って思うけどそこは今日の話とは別として、そもそも車を買う時にカタログの燃費値をきっちり見てる人がいるだろうかと思う。確かに重要だけど「カタログの数値より低くて当然」っていうのは車をちょっと知ってる人ならだれもがわかっていること。

 

もちろん、公平な数値を提供するために限られた環境での試験結果だからっていえばおわりだけど、そこの数値よりも、個人的にはハイブリットなのかガソリンなのかディーゼルなのかとか、ハイオクなのかレギュラーなのか、とかそういう車の仕組み的なことを考えたほうがいい。

 

エコという概念を捨て「お財布に優しい」という概念だけでみれば、理解不能な癒着で新車を買わせるためにハイブリットなどはエコカー減税で税金が安いし、中古で10年落ちを買えば税金が高い(ものを大切にしろ!!)

 

で、やっと最初の動画の説明になるわけですがこれはぼくが大好きなBBCがやってた(あえて「やってた」と書きますが)トップギアっていう番組。この司会者はハイブリットが大嫌いで、トヨタ プリウスBMWがサーキットで燃費競争したらどうなるか。っていう企画の動画です。

 

かなりチートしてますが、これは何が言いたいかといえば「プリウスだって環境とドライバーが違えばBMWより燃費は悪い」っていう話し。

 

そうそう、ぼくみたいにカタログ値がリッター10km/hも無いような車でそれぐらいの燃費で走り続ける人もいれば、プリウスで同じような燃費のバカもいる。アクセル踏みすぎ、ブレーキ使いすぎ。

 

そして、そのでっかくて重いバッテリーだめになって交換したら金かかるよ、どーすんのよ(それが商売になってますけど)って思うと、本当にメーカーがカタログに書いている燃費値なんてどーでもいい話。

 

ニュースでは数値の改ざん的なことばっかり言って「嘘ついてた分は返金します」とかほんと意味がわからない。マンション傾いたから全額返しますぐらい馬鹿馬鹿しい。

 

そこじゃないよ、三菱自動車という会社が根っこから腐ってて、あんな会見したっていうことを見て、自分はどうするべきかを考えなきゃいけないと思うし、そもそも燃費なんて運転と環境次第なんだから、そろそろそういう競争やめちまえ。って思う今日この頃です。

 

だいたい、燃費良くたってかっこ悪い車に300万円とか払った乗りたくないわw

 

 

 

でわでわ